仮想化ステップアップセミナー

vSphere環境活用編

多くのお客様は既に vSphere によるサーバ統合に成功されておりますが、統合率の向上や運用工数の軽減、品質担保などにより仮想環境の ROI をさらに高めたいとお考えではありませんか?本セミナーでは、vSphere による仮想基盤をあらためて見直し最適化するために、仮想環境をより発展的にご活用いただくための最新情報を分かりやすくご紹介いたします。
また、多くのお客様が数年前のサーバ仮想化普及期に導入した仮想基盤のハードウェアリプレイスを検討されていますが、ハードウェアリプレイスにあわせて仮想基盤を進化させたいとお考えではありませんか?
本セミナーでは、仮想化のメリットを最大限活かすための VMware がお勧めする次期インフラ基盤について解説し、さらにその要素技術である、リソースプール、 VMware vSANVMware NSX のメリットをデモを交えて分かりやすく解説いたします。

開催日程

大阪会場14:00~17:00(ヴイエムウェア株式会社 大阪オフィス トレーニングルーム)

定員:16名

2018.10.24(水)

受付締切日 2018.10.23

お申し込み

開催概要

開催時間
  • 大阪会場14:00~17:00(受付開始13:45)
開催会場
対象 •ユーザー企業で vSphere を使用されており次のステップを検討されている方、
また仮想基盤のハードウェアリプレイスを検討されている方
•ユーザー企業の IT システムをご担当されている方
•ユーザー企業で仮想化の最新情報にご興味のある方
※ユーザー企業・団体の方に限定させていただきます。あらかじめご了承ください。
主催 ヴイエムウェア株式会社
参加費 無料 (事前登録制)

アジェンダ

東京・大阪共通アジェンダ
14:00 - 14:45 次のインフラ基盤はこれで決まり!
~ VMware がお勧めする次期インフラのベスト・プラクティスをご紹介 ~

毎度悩ましいインフラ更改の時期がやって来ました。皆さまはどのように移行プロジェクトを計画・立案・実行していますか?本セッションでは、中長期計画に沿った最適なインフラのグランドデザインを立案するためにヒントとなる情報を VMware のベスト・プラクティスに沿ってご紹介いたします。
14:45 - 15:30 vSphere 環境における最適なストレージとは!
~ VMware vSAN でストレージも vCenter Server からの一元管理へ ~

近年ストレージの分野でも SDS (Software Defined Storage) と呼ばれる、サーバの内蔵ディスクを有効活用して共有ストレージとして利用できる仕組みが登場し、今後の新たなトレンドとして注目されています。VMware の SDS 実装である VMware vSAN はスモールスタートで導入し、必要に応じて vSphere Web Client からの操作でリニアな拡張が可能です。また、可用性、運用・管理面、コストの面で専用ストレージと比較して優位性があり、vSphere ユーザーにとって最適なストレージ環境をご利用いただけます。本セッションでは、リリース後 16,000 社以上に導入された vSAN の技術概要とメリット、実際の利用イメージをわかりやすくお伝えします。
15:30 - 15:45 休憩
15:45 - 16:30 ネットワークの新時代へ ~ 今すぐ始められるネットワーク仮想化入門 ~
近年、サーバやストレージの仮想化が急速に進化を遂げ、物理機器の制約から解放されることでインフラやアプリケーションの構成の自由度が上がり、可用性、柔軟性、迅速性を最大限まで引き出すことが可能になりました。しかし、ネットワークに関してはどうでしょうか?未だ十数年前の技術を利用し、物理ネットワーク機器への手間と時間の掛かる作業によりビジネスチャンスを逃しているかもしれません。まさに、仮想化・クラウド時代においてネットワークがボトルネックになってしまっているのが現状です。 VMware NSX Data Center は物理ネットワークに変更を加えず、vCenter 一つでネットワーク、ファイアウォールの設定を柔軟に行うことを可能にします。本セッションでは、今までのネットワークの古い常識を覆すネットワーク仮想化のメリット、実際の利用イメージについてお伝えしていきます。
16:30 - 17:00 よろず相談会

お問い合わせ

VMware セミナー事務局
E-mail : event-team@event-vmware.net
※ 定員になり次第、受付を終了させていただきます。 
※ 都合によりプログラムが予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。