グローバルにおける SD-WAN 徹底解説

~各国のインターネット事情・規制を考慮したデザインとは~

“New Normal”(ニューノーマル、新たな日常)という言葉を耳にするようになり、企業の皆様にとって WAN 環境見直しは必須となってきました。リモートアクセス、クラウド利用、SaaS 利用の加速に対して、「SD-WAN」の導入が重要な選択肢となっています。その対象エリアは日本国内のみならず全世界に広がり、セキュアで安定した SD-WAN 基盤の運用が求められます。
一方で海外現地への出張機会の減少などを踏まえ、従来とは異なるアプローチで今後の環境変化に即したグローバル・インフラの整備を考慮していかなければなりません。
本セミナーでは、全世界で SD-WAN をマネージド・サービスで提供する AT&T 様をゲストに迎え、次世代グローバル・ネットワークのあり方をご紹介します。

セミナー後のアンケートにご回答いただくと、「10,000mAh モバイルバッテリー」「Qi規格対応 ワイヤレス充電器」どちらかを抽選でプレゼント!

開催日程

オンライン会場14:00~16:00(Webinar)

定員:140名

2020.7.10(金)

受付締切日 2020.7.9

受付終了

開催概要

開催時間
  • オンライン会場14:00~16:00(受付開始14:00)
開催会場
  • オンライン会場Webinar
対象 ・SD-WAN をご検討されているユーザー企業の IT 部門・インフラ担当者
・海外拠点をお持ちのユーザー企業の IT 部門、経営部門の方々
・WAN 回線のコストや品質、管理などに課題をお持ちのユーザー企業 IT 部門、経営部門の方々
※弊社の競合となる製品・サービスをご提供されている企業様につきましては、ご受講をお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
主催 主催:ヴイエムウェア株式会社
ゲスト:AT&Tジャパン株式会社 様
参加費 無料(事前登録制)

アジェンダ

セッション概要
14:00 - 14:50 世界に広がる SD-WAN をリードする VMware SD-WAN by VeloCloud
 ― ヴイエムウェア株式会社 シニアプロダクトスペシャリスト 栗原 誠一

日本国内だけでなく、世界での導入実績でリードする VMware SD-WAN ソリューション。導入したお客様は「どのような課題」を「どのように解決、改善」されたのかを事例を交えてご紹介します。
14:50 - 14:55 休憩
14:55 - 15:45 グローバルSD-WAN構築の7つのポイント
 ― AT&Tジャパン株式会社 シニアテクニカルセールスコンサルタント 藤井 宏明 様

グローバルSD-WANの設計~運用において、”中国でのインフラ整備はいったいどう進めればよいのか?”、“SD-WANは自前で構築運用できるのか?” 等に代表される、お客様が最も悩み苦労されると思われるポイントを7点に絞り、その各々に対するAT&Tの考え方を、これまでの数多くのグローバル・ネットワークご提供経験に基づきご説明いたします。
また、AT&T SD-WANの国内パートナーである丸紅ネットワークソリューションズ社との取り組みにつきましてもご紹介いたします。
15:45 - 16:00 Q&A アンケート記入

お問い合わせ

VMware セミナー事務局
E-mail : event-web@event-vmware.net
プライバシーポリシー(暫定):Zoom での Web セミナー
弊社 は、あなたが弊社に提供した個人データ(連絡先の詳細を含みます)を、Zoom 上で VMware が提供する Web セミナーへの参加申し込みを管理するため、質疑応答やリアルタイムのアンケート投票、チャット機能などの各種機能をご利用いただくために使用します。進行中の Web セミナーにおいて、弊社は主催者とパネリストの音声の録音やビデオの録画を行うことがあります。主催者が参加者の発言を許可する場合、あなたの声が録音される可能性があります。
弊社は、本プライバシー通知に記載されている目的のためにのみ、VMware グローバル プライバシー ポリシー に従ってあなたの個人データを処理します。
VMware はあなたの個人データの管理者です。Zoom は個人データの処理者であり、弊社はZoomと適切なデータの処理および転送に関する契約を締結しています。Zoom による個人データの取り扱いに関する詳細を確認するには、 Zoom プライバシー ポリシーをお読みください。
VMware による個人データの取り扱いに関する詳細については、VMware グローバル プライバシー ポリシー をご覧ください。本プライバシー通知に関して質問または懸念がございましたら、弊社 privacy@vmware.com までご連絡ください。